アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
投資メモ
ブログ紹介
連絡先:hiro.kurokawa

LINK:ファイナンスログ/環境ビジネス情報収集ブログ
zoom RSS

バランスシート不況とは

2009/04/16 15:48
バランスシート不況について



バランスシート不況とは

不況



企業がこぞってバランスシートの調整を行うが如く、借入を積極的に返済する



返済に躍起になるくらいの状況なので、資金需要は激減、金利下げても効かない


というような感じです。
記事へトラックバック / コメント


DIP型会社更生とは

2009/03/17 15:43
DIP型会社更生について


・新たに導入された『DIP型会社更生』は、従来の会社更生の「信頼性」と、民事再生の「スピード感」を両立した、時代に合った新しい企業再生手続

・DIP型では、経営陣がそのまま管財人となり、申立代理人弁護士とともに再建計画を作成し、実行することができる(条件あり)

・申請前の事前相談に要する日数は、最短で数日から1週間程度、裁判所から更生計画を認可されるまでには約6ヵ月と、民事再生に匹敵する程度のスピード感

・【“上場を維持したまま”の『DIP型会社更生』の構想も提案されている】


民事再生から、会社更生に回帰へ。倒産処理に変化を起こした“DIP型”会社更生|弁護士・永沢徹 企業乱世を読み解く|ダイヤモンド・オンライン
記事へトラックバック / コメント


ドレッシング買いとは/お化粧買いとは

2009/01/30 15:18
ドレッシング買いについて/お化粧買いについて

決済期末に株式の評価額を上げるために、買い注文が入ることを「ドレッシング買い/お化粧買い」という。

材料もないのに突然株価が上がったりする時には、「ドレッシング買い/お化粧買い」を含め、「ドレッシング買い/お化粧買い」を読んで相場を張っている投資家もいる(のかもしれない)という解釈程度にしておくのが良いらしい。


ドレッシング買い - Google
記事へトラックバック / コメント


ユニファイドコミュニケーションとは

2009/01/21 16:03
ユニファイドコミュニケーションについて

さまざまなコミュニケーションツールを統合というか、融合して効率的なコミュニケーションをはかる。


少し検索してみると、どちらかと言えばセールストーク用のかっこいい横文字的な気がします。


広義な言葉なので「これからはユニファイドコミュニケーションです!」とプレゼンして、大きなシステムを導入してもらうという感じ。

とここまで書いて「NECの登録商標」だということが書いてあることに気が付きました。

(;一_一)

ユニファイドコミュニケーション(Unified Communication )
電話・メール・テレビ会議・Web会議などの様々なコミュニケーションツールを統合することによりもたらされる、効率的なコミュニケーションのこと。固定電話、PC、PDAといった情報端末の種類に依拠することなく、多彩なコミュニケーションを業務プロセスに応じて自在に使い分けられるようにすることで、ストレスフリーな協同作業(コラボレーション)環境を実現する。
記事へトラックバック / コメント


地域冷暖房とは

2009/01/18 00:25
地域冷暖房について

個々にエネルギーを使っていると、無駄が無駄のまま終わってしまいますが、まとめて行えば必要なところで再配分できるので非常に効率が良いという感じ。

例えば、ゴミ焼却で得られる熱エネルギーを暖房や温水に使ったり。


地域冷暖房とは/東京エネルギーサービス
「地域冷暖房システム」は、駅やビル、商業施設、マンションなど地域内の建物に対し、まとめて冷暖房や給湯を行うシステムです。従来、住まいやオフィスごとに個別に行ってきた冷暖房・給湯を地域ぐるみで行うことで、より効率よく、快適な生活環境づくりが実現できます。
記事へトラックバック / コメント


クラウディングアウトとは

2009/01/15 17:55
クラウディングアウトについて

国債の大量発行

金利上昇(国債が売れないので)

その結果、経済活動を抑制してしまう

という解釈でいいのでしょうか?

だとするなら、アメリカ国債の買い手が少なくなれば、金利が上昇し、今以上に経済活動を抑制してしまったりするのでしょうか。正直、理解できていません。
(;一_一)

クラウディングアウト (crowding-out) -Wikipedia
一般には、クラウディングアウト効果として使われる。典型は失業対策などのため国債を発行して公共事業や減税、福祉政策の拡充などを行う場合、大量の新発国債が市中金利を高騰させ、結果として民間の経済活動(投資のための資金調達や住宅購入などの消費行動)に抑制的な影響を与えてしまう場合である。


記事へトラックバック / コメント


トリレンマとは

2009/01/15 00:37
トリレンマについて

ジレンマというのがありますよね。

二つの選択肢があり「こっちを立てれば、あちらが立たず」という状態です。

トリレンマは、選択肢が三つある状態をいいます。

例えば「経済発展、資源・エネルギー、環境」。
これらの問題を一挙に解決することはできません。まさに「トリレンマ」な状態です。
記事へトラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

投資メモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる